創価大学10区ランナー嶋津のライトノベルはつまらない?内容やどこで読めるのかも紹介

創価大学10区ランナー嶋津のライトノベルはつまらない?内容やどこで読めるのかも紹介

2020年1月2日、3日と箱根駅伝が開催され、今年は各校のシード権争いが熾烈でしたね!

その中でも、ひときわ注目を浴びたのが、創価大学と中央学院大学のシード権争いでした。

1月3日復路最終区間の10区では、11位でタスキを受けた創価大学2年生の嶋津雄大選手が区間新記録を大幅に更新する快走を見せて、見事9位でゴールし、来年の箱根駅伝のシード権を見事獲得しました。

創価大学のシード権獲得は初となり、この10区を走ったランナー嶋津選手に注目が集まっています。

嶋津選手はこの活躍以上に話題になっていることが2つあり、一つは遺伝性の目の病気である「網膜色素変性症」を患っていること。

そしてもう一つは趣味で「ライトノベル小説」を書くランナーである事です。

今回はそんな嶋津選手について『創価大学10区ランナー嶋津のライトノベルはつまらない?内容やどこで読めるのかも紹介』と題して調べてみたいと思います。

 

創価大学10区ランナー嶋津のライトノベルはつまらない?

創価大学10区ランナー嶋津のライトノベルはつまらない?

創価大学10区ランナーの嶋津雄大選手は箱根駅伝で創価大学を初のシード権獲得に導いたとして、その名前が一躍有名になりましたね。

そんな嶋津選手、実は趣味でライトノベル小説を書いているとか・・・。

もう何作もかきあげているのでしょうか?そして内容は面白いのかつまらないのか?

チームメートは彼の小説を読んだことがあるのでしょうか?

avatar

くま太

今回の駅伝はすごかったね!注目の津嶋雄大選手は趣味でライトノベル小説を書いているんだって!!面白いのかな?

チームメイトは読んだことあるんじゃない?つまらなかったらかかないんじゃない?きっと面白いって言われたから書いてるんだよ!!

avatar

うさたん

 

創価大学10区ランナー嶋津のライトノベルの内容は?

創価大学10区ランナー嶋津のライトノベルはつまらない?内容やどこで読めるのかも紹介?

嶋津選手の駅伝後のインタビューも見ましたが、とても素朴な好青年というイメージでした。

そんな嶋津雄大選手のライトノベルの内容はどんなものなのか、調べてみました。

嶋津選手は常々、ヒーローに憧れ、多くの人に影響を与えたいという思いを抱いているようで、2020年4月締切の電撃小説大賞にも応募を予定しているほどの本格派のようです。

その内容というのが、「陸上競技」と「異世界」のコラボレーションを描いた物語という事です。

もう少し詳しく知りたいのですが・・・。

争いの起きた異世界で平和の象徴である陸上競技を通じて「女子を勝たせる」という独特の世界観・・・。

avatar

くま太

「えっ?ちょっと何言ってるのかわかんないですけど!」

陸上競技を通じて「女子を勝たせる」ってどういうことですか?しかも「平和の象徴である陸上競技」って・・・、まったく私には理解不能ですが・・・。

読んでみると内容が理解できるかもしれませんね!!

では、嶋津雄大選手が書いたライトノベル小説はいったいどこで読むことが出来るのでしょうか?

次で書いていきたいと思います。

 

創価大学10区ランナー嶋津のライトノベルはどこで読める?

創価大学10区ランナー嶋津のライトノベルはつまらない?内容やどこで読めるのかも紹介

内容がとっても気になる嶋津雄大選手のライトノベル小説はいったいどこで読めるのでしょうか?

結論からいいますと・・・

残念ならが、この小説はまだどこでも読むことが出来ません!!

なぜなら、この小説は未発表作品であり、まだ公表されたことがない作品とのことですから・・・。

きっと嶋津選手の親しい友人や彼女?(いるのかは不明)にしか見せたことは無いという事なのでしょうか?

残念ですね・・・。

 

嶋津雄大選手のペンネームはある?

ライトノベル小説を書いている津嶋雄大選手ですが、ペンネームはあるのでしょうか?

実は、ペンネームあるようですよ!!

そのペンネームというのが『アイランズ』という名前です。

『目』『走る』を組み合わせた言葉なのでしょうか?

『目』は津嶋選手が患っているという目の病気「網膜色素変性症」を意識した単語で、『走る』はヒーローらしく、誰かの背中を押したい!その思いを走りに込めた彼そのものを表す言葉でしょうか?

どちらも津嶋雄大選手に深くかかわる言葉ですね!!

ちなみに『アイランズ』というペンネームで2020年4月の「第27回電撃大賞」に応募予定とのことですよ!!

2020年10月に大賞が決定する予定ですから、津嶋雄大選手の作品が受賞すれば、小説を読むことが出来ると思います。

是非、受賞していただき、作品を読んでみたいですね!!

現在、作品を執筆中の事なので、津嶋選手がまた別のステージで活躍されることを期待したいですね!!

 

嶋津選手チームの目標設定も高い?

嶋津雄大選手はライトノベル小説作家らしく、箱根駅伝の目標設定用紙には「俺の勝利を取る!!」と書いています。

これは、自分がシード圏内でゴールテープを切るところまでを物語風に仕立てて枠いっぱいに書き込み監督に提出したというもの。

やはり、どんな時もストーリー仕立てで未来ビジョンを描くのが嶋津雄大選手のようで、榎木和貴監督も「嶋津ワールドです。」と言われています。

その象徴として、

『どんな物語の主人公も、ピンチの時には勝つ。ここで勝てば主人公になれると思った。』

『主人公らしい走りができたと思う』

と自らを物語の主人公として、自分自身を鼓舞しながら走っていたのでしょう!!

来年の箱根駅伝は3年生での挑戦です!来年は何区を走るのか楽しみでもありますね!!

 

創価大学10区ランナー嶋津のライトノベルにツイッターの声は?

 

創価大学10区ランナー嶋津のライトノベルはつまらない?内容やどこで読めるのかも紹介についてのまとめ

今回の箱根駅伝で一躍有名になった創価大学10区ランナーを務めた嶋津雄大君ですが、取材でライトノベル小説をかいているとか、目の病気を患っていることなども報じられ、注目度もうなぎのぼりとなっていますね。

是非、駅伝と同様にライトノベル小説でも受賞を期待したいと思います。

いかがでしたでしょうか?今回は『創価大学10区ランナー嶋津のライトノベルはつまらない?内容やどこで読めるのかも紹介』について書いてみました。

今後も創価大学の活躍同様、津嶋選手のライトノベル小説界での活躍を期待しましょう!

是非、ライトノベル小説読めることを期待しています。