色鉛筆画家「長靴をはいた猫」は高校生?50時間かけて描いた絵がすごすぎると評判!

長靴をはいた猫って皆さんは知っていますか?昔、読んだことのある絵本の題名ではないですよ!

「長靴をはいた猫」というのは高校生色鉛筆画家のペンネームなんです。

そして、この方の本名は現在のところ公開されていません。

この「長靴をはいた猫」さんの何がすごいのかわかりますか?それはこのあと紹介していきますが、50時間かけて描いた犬の絵が今、賞賛の嵐が巻き起こっているのです。

しかも、その描かれた犬は色鉛筆のみで描かれた絵で、「写真としか思えない」「リアルすぎる」などの声がたくさんありますよ!

今回は色鉛筆画家「長靴をはいた猫」は高校生?50時間かけて描いた絵がスゴイと評判!と題して、掘り下げて調べていきたいと思います。

 

色鉛筆画家「長靴をはいた猫」は高校生?

 

更新していきます。