箱根駅伝2020交通規制いつからいつまで?神奈川の場所・時間を紹介

箱根駅伝2020交通規制いつからいつまで?神奈川の場所・時間を紹介

2020年1月2日(木)と1月3日(金)の両日に、第96回箱根駅伝競走大会が行われます。

毎年通過地点となる場所や周辺付近では毎年大渋滞が引き起こされていますが、今年は台風19号による豪雨被害で神奈川県の箱根登山鉄道が橋の崩落や路線の流出など大きな被害を受けました。

現在も復旧には至っておらず、箱根登山鉄道の利用が出来ない状態となっています。

そのため、今年の箱根駅伝では小田原~箱根周辺のコースや周辺道路が例年以上の混雑が予想されます。

そこで、今回は東京よりも混雑すると言われている神奈川の交通規制がいつからいつまでなのか、場所別に時間をしらべてみました。

当日、どうしても近くで選手を応援したいという人や、箱根温泉への宿泊のために訪れる人などは是非参考にしてみて下さい。

 

箱根駅伝2020交通規制いつからいつまで?

箱根駅伝2020交通規制いつからいつまで?神奈川の場所・時間を紹介

箱根駅伝2020で都内を走るのは1区間のみ(大手町~鶴見中継所:21.4Km)で、スタート地点となる『大手町読売新聞社前(北側)』から鶴見中継所(鶴見警察署 市場交番前)の手前にある六郷橋付近までが東京都内です。

こちらの交通規制時間はスタート1時間前の午前7時~午前9時頃となっています。

鶴見中継所のトップ通過は大体午前9:03分ごろと予想されていますので、トップと最終との差を考えると9:20頃までは混雑するのではないでしょうか?

ここで改めて箱根駅伝2020の往路コース(1区~5区:107.5Km)と復路コース(6区~10区:109.6Km)のコースの特徴を見ていきたいと思います。

 

箱根駅伝2020往路コース

 

1区(大手町~鶴見中継所):21.4Km

箱根駅伝のスタートなる1区は比較的平坦なコースですが、新八ツ橋山の上り坂と六郷橋の下り坂があり、1区は六郷橋からスパートをかける選手が多いようです。

この区間は各校のスピードを得意とするランナー、準エース級のランナーが多く走るので、レースの流れを左右する区間と言ってもいいのではないでしょうか?

 

2区(鶴見中継所~戸塚中継所):23.1Km

『花の2区』と呼ばれるこの区間は、間違いなく各校のエースが揃う区間です。

鶴見中継所には各校の選手にそれほど開きはなく次々と入ってきますが、2区は長い上り坂、『権太坂』があることから、エースと呼ばれる選手にとっても難所と言われる区間です。

この2区は5区の次に長い区間となるために、『ごぼう抜き』や『ブレーキ』が見られる区間で、権太坂を超えた後に急こう配が続く残り3Kmの『戸塚の壁』をどう攻略するかが見どころとなる区間でもあります。

 

3区(戸塚中継所~平塚中継所):21.4Km

2区同様に実力のある選手が多く走るこの区間では、ごぼう抜きもしばしば見られる区間です。

遊行寺坂から下り、湘南海岸までのペース配分が大切となる区間で、天候によっては海風の影響を受けることもあります。

2区のペースを引き継げるか?または2区で遅れた場合は巻き返せるかが見どころの区間です。

 

4区(平塚中継所~小田原中継所):20.9Km

今までの駅伝では唯一走る距離が20Kmを切る区間でしたが、2017年には2006年以来となる18.5Kmから20.9Kmへとなりました。

4区は平塚中継所から国府津駅の間がアップダウンが多くありますが、比較的に走りやすい区間でもあります。

3区からのペース維持が課題となると思いますが、次の5区はいよいよ山上りの区間ですので、次の選手にどうタスキをつなげるかがポイントになってきます。

 

5区(小田原中継所~箱根・芦ノ湖):20.8Km

過酷なコース「山上り」となる区間です。

標高差864mを上るかなり過酷なコースのため、山上りに特化した選手を持ってくるのが作戦となります。

小田原中継所を出発して箱根湯本駅からの上り坂がポイントとなりますが、この上り坂をどう走るかが優勝への鍵となると思います。

 

箱根駅伝2020復路コース

 

6区(箱根・芦ノ湖~小田原中継所)20.8km

5区とは反対に「山下り」となりますが、朝早いスタートの上、冷え込みが強いため、カーブをこまめに回らなくてはならない6区のコースはかなり膝に負担がかかるのでは?と思われます。

下り坂では惰性で走り切ることができても、中継所まで残り3キロになると平坦な道になるため、まるで上り坂を上っているようにつらく感じるそうです。

この区間でのペース配分や脚力が勝負の鍵となりそうですね!

 

7区(小田原中継所~平塚中継所)21.3km

10区間中で最も走りやすい区間であることから、各大学によってどんな選手をエントリーするのかが分かれるところです。

そして、この区間を走る頃にはかなり気温も上昇してきます(晴れていればですが・・・)ので、気温の変化にどう対応して走るかがカギとなりそうです。

 

8区(平塚中継所~戸塚中継所):21.4km

シード権争いや優勝争いが見えてくるのがこの区間からではないでしょうか?

この区間の残り6キロから始まる「遊行寺坂」を乗り切るかがカギとなるため、各大学は力のあるランナーを投入してくることが多い区間です。

なので、8区は当日のエントリー変更が多くある区間です。

晴れている場合は、選手の後ろから直射日光が当たることから、スタミナ消耗も考えられます。

各大学の本当の勝負が始まる区間ですから、見どころ満載の区間となるのではないでしょうか?

 

9区(戸塚中継所~鶴見中継所):23.1km

花の2区の復路となる9区です。

2区と同様に各校のエース級の選手が走る復路の最長区間です。

序盤はアップダウンが続くコース、ここが各校の勝負の区間だと思います。

ペース配分を間違うとタスキが繫げられず、無念の繰り上げスタートとなる大学もいくつか出てきますので、ここはドラマが生まれる区間と言っても過言ではありません。

 

10区(鶴見中継所~大手町):23.0km

いよいよ最終区間で、泣いても笑ってもここでの勝負ですべてが決まります。

タスキをゴールに届けるのはやはり各校のエースです!六郷橋から新八ツ山周辺を過ぎると後は平たんなルートなのですが、やはり10区は優勝争い、シード権争いの大切な区間であることは間違いありません。

プレッシャーに打ち勝って2020年のゴールテープを切るのはどこの大学なのでしょうか?最大の見どころになるでしょうね☆彡

 

箱根駅伝2020の交通規制神奈川の場所・時間は?

箱根駅伝2020交通規制いつからいつまで?神奈川の場所・時間を紹介

神奈川県の道路は確実に都内よりも混雑します。

下の時間はあくまでも参考ですので、当日は早めの行動をおススメします!

 

1月2日(往路)

  • 一般道路
 交通規制区間  交通規制予定時間
国道15号 下り                 六郷橋~青木通り 8時50分頃から9時40分頃まで
国道1号 下り                 青木通り~保土ケ谷橋~平戸~不動坂~東俣野  9時頃から10時40分頃まで
県道戸塚茅ケ崎 下り              東俣野~藤沢橋~浜須賀 10時頃から11時頃まで
国道134号 下り                浜須賀~高浜台~唐ケ原~大磯駅入口 10時20分頃から11時35分頃まで
国道1号 下り                 大磯駅入口~親木橋~早川口~宮ノ下~芦ノ湖駐車場 10時55分頃から14時ごろまで

 

  • 有料道路
 交通規制区間  交通規制予定時間
小田原厚木道路                 箱根口インター 11時頃から12時45分頃まで
西湖バイパス                  大磯東、大磯西、西湖二宮、橘、国府津、酒匂、小田原、早川、箱根口インター 10時45分頃から12時45分頃まで
新湖南バイパス                 茅ケ崎海岸 10時20分頃から11時15分頃まで

 

1月3日(復路)

  • 一般道路
 交通規制区間  交通規制予定時間
国道1号 上り                 芦ノ湖駐車場入口~宮ノ下~早川口~親木橋~大磯駅入口 7時30分頃から10時20分頃まで
国道134号 上り                大磯駅入口~唐ケ原~高浜台~浜須賀  9時40分頃から10時50分頃まで
県道戸塚茅ケ崎 上り              浜須賀~藤沢橋~東俣野 10時頃から11時25分頃まで
国道1号 上り                 東俣野~不動坂~平戸~保土ケ谷橋~青木通り 10時30分頃から12時20分頃まで
国道15号 下り                 青木通り~六郷橋 11時30分頃から12時50分ごろまで

 

  • 有料道路
 交通規制区間  交通規制予定時間
小田原厚木道路                 箱根口インター 8時40分頃から9時25分頃まで
西湖バイパス                  大磯東、大磯西、西湖二宮、橘、国府津、酒匂、小田原、早川、箱根口インター 8時40分頃から10時30分頃まで
新湖南バイパス                 茅ケ崎海岸 9時50分頃から10時50分頃まで

 

混雑(渋滞)が予想される場所

1月2日(往路)

  • 横浜新道(下り)上矢部町付近
  • 小田原厚木道路(下り)箱根口IC付近
  • 箱根新道(下り)芦ノ湖大観IC付近

 

1月3日

  • 藤沢バイパス(上り)バイパス出口付近
  • 国道1号(下り)青木橋付近

 

大型車両の交通規制は?

1月2日の往路のみ大型車両の交通規制がありますので、注意が必要です

  • 交通規制区間:山崎IC付近~往路ゴール(芦ノ湖)までの国道1号線で駅伝コース
  • 交通規制時間:10時45分頃~13時頃
  • 規制車両種類:大型自動車、特定中型自動車、大型特殊自動車及び普通自転車(駅伝大会の関係車両を除きます)

迂回ルートは無料化された箱根新道を利用ももしくは、有料道路の箱根ターンパイク(普通車は730円)を利用してください。

箱根駅伝2020交通規制いつからいつまで?神奈川の場所・時間のまとめ


いかがでしたでしょうか?箱根駅伝2020の交通規制がいつからいつまでなのかを調査してみました。

神奈川県は東京よりも混雑が予想される結果となっています。

神奈川エリアも2日(往路)は8時30分過ぎから、3日(復路)は7時頃から混雑が始まります。

駅伝コース上では、全て駐停車禁止です。

選手の走行方向に対面して進む車両に関しては選手の通貨3分前から右折・転回は禁止されていますし、選手の応援伴走も禁止されていますので、絶対にやめましょうね!!

規制時間を知って、選手を是非現地で応援してみませんか?

今年も熱い戦いを繰り広げる箱根駅伝に是非注目です!

今回は『箱根駅伝2020交通規制いつからいつまで?神奈川の場所・時間も紹介』と題して紹介しました。