M愛すべき人がいては実話だけどつまらない?ネタバレ感想と田中みな実の演技がヤバすぎると評判

M愛すべき人がいては実話だけどつまらない?田中みな実の演技がヤバすぎると評判

4月18日にドラマ『M 愛すべき人がいて』が放送開始され、現在は第3話まで放送が終了しています。

昨年8月に出版された小松成美さんの小説(幻冬舎)を基にしたドラマとなっています。

このドラマでは平成の歌姫「浜崎あゆみ」さんと現エイベックス会長の「松浦勝人」さんんとの恋愛を描いています。

現在3話まで終了しているこのドラマを見た人の感想はどうなのでしょうか?面白い?それともつまらないのでしょうか?そして、もうひとつ話題となっているのが、現在フリーアナウンサーとして活動されている「田中みな実」さんの演技についてです。

この田中みな実さんの演技についてもツイッターなどのSNSではかなり評判となっているようです。

今回は『M愛すべき人がいては実話だけどつまらない?田中みな実の演技がヤバすぎると評判』と題してお届けします。

最後までよろしくお付き合いくださいね!!

 

M愛すべき人がいては小説実話だけどつまらない?ネタバレ感

ドラマ【M愛すべき人がいて】は事実を基にした小説にオリジナル要素を加えたものなんですが、ドラマ放送前に「オリジナル要素を加えたフィクションです」となっています。

えっ?結局どっちなん?実話なのフィクションなのって思った人も多いのではないでしょうか?

結果としては、大筋は事実であるものの、一部表現上やドラマの脚本を考える上で、多少脚色はされていますよ!ということらしいです。

しかし、1話放送時から本当にこのような登場人物はいたのかどうなのか?疑問に思うところは多々ありました(笑)

物語の主人公である「浜崎あゆみ」さんや「松浦勝人」さんがよく放送OKにしたなとひとりでツッコんでしまいましたが、ドラマを見ていて、こんなふうに浜崎さんはスター街道を上ってきたんだという事などが知れて、きっとあゆ世代の人なら楽しめるドラマではないかと思います。

 

ドラマのネタバレ感想は?

今回「浜崎あゆみ」さんを演じているのは安斉かれんさんという女優さんですが、ドラマは今回が初出演となるようです。

見た目はたしかに浜崎さんに似ている部分があるので、その点も今回のドラマ抜擢となったのではないでしょうか?

しかし、肝心の演技力はどうなんでしょうか?ちょっと期待しながら見たんですが、ドラマが始まってすぐのセリフに正直ぶっ飛びました( ゚Д゚)

ドラマが始まって最初のひと言目・・・

「あの日も海を見ていたな。」

avatar

くま

ちょっとビックリしちゃった!正直言って棒読み・・・。なんか感情が分からない・・・。どんな思いを込めてこのセリフ言ったんだろう?

どうみても暗くて陰気な女の子にしか見えない・・・。

マサ(松浦勝人)役の三浦翔平さんに啖呵をきったセリフ「神様ですかぁ?」のいい方にはちょっと笑いさえ出てしまいました。

正直なところ表情にも乏しく、啖呵を切るのに迫力も感じられないので、クサイ台詞にしか聞こえない(笑)

演出全体が昭和的なちょっと古臭い感じがしました。

ステージでの歌唱シーンはあゆ本人の歌声を使っているので、安斉さんの歌声が聞けるわけではなかったです。

さすがにそこまではavex側で許可しなかったのかな?と思いました。

 

出演者に対する感想は?

ドラマのキャストが発表された時点で、SNSでは本人と役者さんのギャップに多くの反応がありました。

まず、マサ(松浦勝人)さんを演じるのは三浦翔平さんと紹介しましたが、現実とドラマで違いすぎるという声が多かったようです。

そして、もう一人、天才音楽プロデューサー輝楽天明(TK)はオリジナルキャラクターという事ですが、明らかに小室哲哉さんをイメージしたんではないかと思います。

あまりにもイジリすぎじゃないですか?というくらいギャップがありました。

2人の画像がこちらです。

この写真を見るとあまりにも違いすぎる外見にちょっとひどくない?と思ってしまいますね!!

キャスト相関図についてはこちらで書いてます。

 

ドラマ内容が歌詞そのままのシーンがあった?

ドラマではあゆにマサ(松浦勝人)から7回電話がかかってくるシーンがありましたね?その曲が浜崎あゆみさんの11thシングルで1999年11月10日に発売された『appears(アピアーズ)』の歌詞そのまんまだというふうに言っている人が・・・。

そして、このシーンのバックで流れていた曲がまさに『M』だったんです。

なかなか手が込んでますよね(笑)

 

M愛すべき人がいて田中みな実の演技がヤバすぎると評判

もう一人注目すべき役柄の人がいます。

それは田中みな実さんですよね?田中さんの職業はたしかフリーアナウンサー・・・。

なのにあの演技がヤバいと評判です!!

田中みな実さんの役柄はレコード会社『A VICTORY』の社員でマサの秘書!そして決して右目の眼帯を外さない美女で名前は姫野礼香です。

マサを強烈に愛しているようで、右目のケガが原因で眼帯を外さなくなったようですが、どうやらその原因がマサのようです。

しかし、ヤバいのがその眼帯!パッと見た感じでは「みかんの皮」「ひよこ(和菓子)」と思ってしまうような色と形・・・。

知る人ぞ知る、昔 堀ちえみさんが出演していたドラマ「スチュワーデス物語」で教官の風間杜夫さんの婚約者役の片平なぎささんをおもいだしてしまいました。

それと同じくらいに強烈で不思議感漂う悪女を演じています。

1話でもそのキャラは炸裂!

ブドウを1粒持って

「私の目の代わりになるって言ってくれたよねぇ?あの時・・・。」

「見える、見えるよ、マサの未来が見える・・・」と言いながらブドウを食べる姿・・・。

普通じゃあり得ないくらい怖い!ただの変なストーカーみたいな役柄ですよね!

ホントにこんな人が実話で登場したのでしょうか?

実はこの田中みな実さんの役柄は、調べてみたところ原作の小説には登場しないので、ドラマのみで登場する人物のようです!

ここまで3話まで終了しましたが、4話ではなんとこの姫野礼香(田中みな実)さんのウエディングドレス姿の予告が・・・。

どんな奇妙な演技を見せてくれるのか楽しみですね!

※第4話は近日放送ということで、次回の放送予定日は未定となりました。

 

M愛すべき人がいてツイッターの声は?

ツイッターでは面白いという声と、安っぽいとかつまらないという感想様々でした。

ただ、つまらないと思いつつも脇役のパンチが凄すぎてみてしまうという声も多く聞かれました。

これから、ストーリーが進んでいくとどうなるのか楽しみですね!!

どちらにしても【M 愛すべき人がいて】のドラマに関心を示している人は多いようですよ!!

 

M愛すべき人がいてのネタバレ感想についてのまとめ

浜崎あゆみさんとエイベックス会長の松浦勝人さんとの恋愛を綴ったドラマ【M 愛すべき人がいて】は第3話まで放送が終了していますが、第1話からあゆ役の安斉かれんさんの演技や昭和チックなドラマ仕立てに面白い、つまらない様々な感想が飛び交っています。

あゆ役の安斉さんはこれがドラマ初挑戦ということで、これから物語が進むとともに演技がどのように変化していくかも見どころですよね!!

そして、なんといっても注目は脇を固める俳優陣ですよね。

怪演技で注目されているのは『田中みな実』さんですが、彼女の気味の悪い演技についつい次話もどうなるのか気になってしまいます。

今回は『M愛すべき人がいては実話だけどつまらない?ネタバレ感想と田中みな実の演技がヤバすぎると評判』と題してお届けしてきました。

4話の放送は未定となっていますが、早く再開して欲しいですね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。